バスは飛行場を出発すると、程なくして、出雲大社にやってきました。
このお社の由来については、みなさんも説明がいらないほど、
よくご存知ですね。アマテラスオオミカミに国ゆずりをなさった、
オオクニヌシノミコトをおまつりしています。一名をダイコクさまといいますから、
小さな子どもでも知っています。

オオクニヌシノミコトは、スサノオノミコトの六代目にあたるお孫さんで、
古事記という本によれば、さまざまな冒険をなさりながら、
国づくりにはげまれたのでした。そして、この国が形をなして
繁栄するようになってから、アマテラスオオミカミの御子孫であらっしゃる
ニニギノミコトにゆずられたのでしたね。
その時、アマテラスオオミカミは、オオクニヌシノミコトの功績を評価され、
老後を安らかに過ごせるようにと、このお社を建てて、
ミコトに与えられたのでした。

ですから、このお社には、気の遠くなるような歴史があるのです。
今の神主さんは、オオクニヌシノミコトの八十六代目かにあたる御子孫だそうです。建ったのは二千六百年以上も前のことですから、
一代平均三十数年ということになりますね。
えかきあひるは、妙な感心をしました。

本殿は、広い境内の奥まったところに、こんもりとした森を背にして
立っていました。桧皮葺の大きな屋根をいただいたこのお社は、
二百五十年前に、今の形に建て替えられたといいます。
このお社に参拝するときには、二礼四拍手一礼するのですよと、
ガイドさんが教えてくれました。

あひるたちは、古びて神さびたお社にお参りしたあと、
鳥居の前のおそば屋で、割子そばをご馳走になりました。
おそばは小さな割子に少しずつ盛られていますので、
おなかをいっぱいにするためには、何杯もお替りをしなければなりません。
あひるたちは、おなかの半分をおそばで、
残りの半分をビールでいっぱいにしました。






[HOME]     [戻る]     [進む]