中海の東のはずれに、大根島という、小さな島が浮かんでいます。
景色がよいのと、高麗人参の産地として、有名なところです。
バスが島に着くと、あひるたちは、大きなボタン園に案内されました。
そこの食堂でお昼ご飯を食べるためです。

食堂の広間には、アルコール漬けの人参を入れたガラス鉢が、
たくさん並んでいます。みな丸々と太り、無数のひげを生やしています。
ここまで大きくなるのには、数年から十年近くもかかるそうです。
あひるたちは、人参のジュースをご馳走になりましたが、
なんとも不思議な味がしました。それでも、ここの人参は、
品質がよいので人気が高く、中国や台湾のほか、
本場の韓国にも輸出されているのだそうです。

島の名前の大根とは、本当は、この人参のことをいうのだそうです。
人参を栽培していることが知られると、泥棒たちがやってきて、
盗んでいく恐れがあるので、大根と名を偽って、
カムフラージュしているのです。

食事が終わると、あひるたちはボタン園を散策し、外に出て、
明媚な風景を堪能しました。目の前には、伯耆大山が青くかすんでみえます。山陰で一番の信仰の山です。中海を前にして、神々しい姿に映りますね。
冬には雪がつもって、スキー客でにぎわうそうです。

中海は、今では湖ですが、出雲国風土記が書かれた頃は、
日本海に広く開いた湾でした。当時は今より気温が高く、
水面が上昇していたのです。この湖を埋め立てて、
八郎潟のような干拓地にしようとする計画が、最近まであったそうですが、
幸か不幸かその計画は座礁して、中海は今でも、
大山の姿を水に映し続けているのです。

島のお土産に、えかきあひるは、ボタンの苗を一株買い求めました。
この島は、ボタンの産地としても、有名なのです。
人参をお土産に買ったペンギンさんも、何羽かいたそうですよ。






[HOME]     [戻る]     [進む]